Blogブログ

40代50代60代の髪型ショートボブスタイルが得意な表参道美容院 SORRISOブログ

吉田羊さんの髪型ボブスタイル|40代50代60代の髪形

吉田羊
2019年5月からお店の場所が変わりました→詳細

吉田羊さんの髪型ボブスタイル|40代50代60代の髪型

吉田羊さんのプロフィール

吉田 羊(よしだ よう、2月3日 )は、日本の女優。本名および旧芸名、吉田 羊右子(よしだ ようこ)。愛称は「ひつじ」。
福岡県久留米市出身。ORANKU(おらんく)所属
wikipedia引用

40代50代60代にお勧め吉田羊さんの髪型

前下がりのワンレングスボブスタイル|40代50代60代の髪型

 




特徴

後ろより前の髪が長い前下がりのワンレングスボブ

説明

長さは顎下ラインの前下がりのボブスタイルです、分け目がサイドパートなので片方のサイドが長く見えます。吉田さんは基本段を入れないワンレングススタイルです、基本重ためのスタイルが多いみたいです。

印象

清楚で上品な印象のボブスタイルです。

オーダー方法

顎ライン下の前下がりのワンレングスボブとオーダーして下さい。
髪の毛の多い人や、クセがのある人は顎ラインより2、3センチ長めに設定してください。髪の毛が多い人は横に広がってスフィンクスみたくなるので少し長めにせってして、裾を軽くすることで内に入ります。くせ毛の人はクセで髪が上がってしまうので長めに設定してください。
髪の毛が硬くてすごく多い人とクセがすごく強い人にはこの長さの設定のワンレングスボブはお勧めしません。

アドバイス

日本人は身長が低いので髪の面積が多いロングやミディアムスタイルより面積の少ないボブスタイルの方がトータルバランがよくなります。特に前下がりのボブスタイルは出来る女性の印象を与えやすいスタイルです。
毛先にワンカールのパーマをかければよりエレガントな印象が表現できます。
ボリュームが出ない人はバックから前下がりのグラデーションを入れるとトップやサイドバックにボリュームが出ます。




乾かし方レクチャー

ヘアスタイルを上手くお家で再現するのに一番大事な事は乾かし方です。
スタイリングを綺麗に長持ちさせる方法は朝、髪の毛を濡らして乾かす事が一番綺麗で長持ちします。

お家でやって頂きたい乾かし方をお教えします
①後ろから前に乾かす。
②最初は分け目と逆の方から後ろから前に乾かす、後ろからサイドに前に向かって乾かすサイドまで乾かしたらトップを逆サイドに乾かす。次に分け目の方も同じように後ろから前に乾かしサイドまで乾かしたらトップは逆サイドに乾かす。
③8割から9割乾くまで後ろから前で乾かして乾いた前から後ろに乾かす。
以上ですが文章ですと分かりづらいので動画を作りました参考にしてみて下さい。

※基本は手で乾かしますが、難しい方はスケルトンブラシなどお使い下さい。
※クセが強い方はデンマンブラシかロールブラシを最後にお使いください。

ドライヤーはとても大事ですのでお勧めのドライヤーをご紹介します。

ルベルのMOiim公式サイト

関連記事

40代50代60代にお勧めの髪型の動画