images

30代、40代になると男性女性問わず頭皮の汚れや臭いって気になりません??

毎日シャンプーしているのになんか臭う! さっきシャンプーしたのになんか臭う! シャンプーしても頭皮、髪の毛がベトベトする! 朝起きると枕にから変な臭いがする! なんか頭皮が酸っぱい臭いがする! などなど、思い当たる事ってありませんか?? そこで、調べてみました!!

まず頭皮は体の皮脂分泌の多い部分ベスト5みたいです。

頭皮から出る皮脂の分泌量は男性ホルモン (ジヒドロテストステロン)の影響で男性はとても多く、 薄毛、抜け毛の一因といわれてます。 頭皮の臭いは、皮脂そのものでなく、 皮脂に含まれる脂肪酸が酸化したり皮膚表面の常在菌に分解され、 ほこりや雑菌の繁殖などの影響で臭うのです。 頭皮脂の分泌、分解物は年齢と共にバランスが変わり、 30歳代前後には「ペラルゴン酸(ノナン酸)」という物質が世代特有の体臭となり、 40歳代前後からは「ノネナール」という物質がいわゆる「加齢臭」に成るのです。

次に活性酸素が引き起こす、皮脂の酸化と洗い残し。

皮脂の酸化です。皮脂の酸化には、活性酸素が関わっています。活性酸素とは、酸素が活性化したもので、体内の細胞を酸化(=サビ)させます。

若いうちは、体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防いでいるのですが、40歳過ぎると、体内の抗酸化物質の働きが弱ってきます。これにより、皮脂の酸化が促進してしまいます。皮脂が酸化すると、動物性蛋白質が腐ったような臭いが発生します。活性酸素が増加する原因には、バランスの悪い食事や飲酒・喫煙、ストレス、乱れた生活リズムが挙げられます。 
それと、皮脂が洗髪やシャンプーをしても頭皮に残ってしまうと、 雑菌の繁殖を招き、頭皮の臭いの元になるのです。 頭皮は、毛穴の数も多いので、汗や皮脂、フケなどの老廃物や整髪料が残りやすく、酸化してしまうと、 毛穴に詰まり、頭皮の臭いの原因となります。 が原因みたいです。

あと、髪を乾かさないで寝てしまうと臭くなる!

生乾きのままで放置しておくと、雑菌が繁殖し、雑巾のような蒸れた臭いが発生してしまう原因となります。

まとめると!!

頭皮はもとから体の中でも皮脂分泌が多い場所で30代、40代になってくると体から色んな分泌ぶつがでて臭いの原因になる それときちんと汚れを取らないと酸化して臭くなる、乾かさないと雑菌が繁殖して臭いの原因になるという事です!!

においっぱなしは困るので、改善策を考えましょう!!

・皮脂の様々な分泌物や酸化に対する対応 食生活を変える、運動をするなど正攻法は分かりますが、なかなか難しいですよね。。。 であれば、皮脂の様々な分泌物や酸化物を取り除く方が楽っですよね!!

取り除くシャンプー➡こちら

頭皮の汚れの除去剤➡こちら

を使って頂ければよいかと思います、特に除去剤は残留シリコンも取り除く優秀な物です!!

次に髪の毛を乾かす!! 結構髪の毛乾かすのって大変ですよね、時間もかかるし・・・・ そこで、

おすすめこちら➡こちら

パワーもあるし髪の毛にもやさしく頭皮にもやさしいドライヤーです。 それでも臭う、上記の内容はどうも使いたくないという方はヘアコロンなどお使い頂くのがよいかと思います!! 以上気になる頭皮の臭いと汚れの対策でした!!